供養によるサービス

近年遺品整理の業者が行っているサービスとして、遺品などの供養を行なってくれるサービスがあります。名古屋のお寺の僧侶や神社の神主さんをお呼びして供養を行ってくれるため、遺品整理を希望した遺族にとって大変有り難いのです。古くから人が使用していたものには人の念が宿るとされており、亡くなった人が生前愛用していた遺品を預かる場合、引き取った遺品にもなんかの念が宿っているのでは、と考える人も多くいます。また、亡くなった人が愛用していたものとなれば、故人がそのものに執着することで、安らかな成仏ができないのでは、と考える人もいます。こうした問題に対処してくれるのが、名古屋にいるお坊さんや神主さんを呼んでの供養です。故人の念が残った遺品の一つ一つを供養することで、多くの人が遺品に抱く問題を解消することができるでしょう。

遺品を処分する場合、多くの人は心苦しい思いを抱いて処分を行なうものです。亡くなった故人のものとはいえ、まるでゴミとして故人の所有物を片付けることに抵抗を持つ人もいるのです。こうした人でも心に負担を感じずに処分を行えるのが、名古屋の遺品整理業者が行なう供養のサービスです。供養の希望者に対し、業者は引き取った遺品を祭壇で祀ったあと、お坊さんや神主さんを呼んでの合同供養を行ってくれます。合同供養を行なうことで、亡くなった故人の安らかに成仏を願いながら供養するため、故人に対しても失礼がなく、整理したものを処分することができるのです。